おはら歯科

日本歯科専門医機構認証 歯周病専門医
092-738-7778

福岡市中央区草香江1-9-12-2F

インプラント

長期的にしっかり噛める画期的な治療法
インプラントは、歯を失った患者さんに人口の歯(人工歯根)を顎の骨に埋め込み、その上に歯やブリッジを被せる治療です。お口の状態によって、治療方法や治療期間、料金など変わってきますが、当院ではCTレントゲンでの撮影の後、コンピュータ解析を行い、十分に術前の検討を行った上で埋入手術を行っております。
主な症状
  • 歯周病や事故などで歯を失った
  • 入れ歯に違和感がある
  • ブリッジなどで健康な歯を傷めた

インプラントを選択する理由

歯を失った場合、保険適応内での治療法は「入れ歯」もしくは「ブリッジ(義歯)」の2択になりますが、インプラント治療は保険適応外とはいえ、そのメリットには大きな差がでてくるので、インプラントを選択される患者さんが増えてきています。

インプラント
入れ歯/ブリッジ
比較
インプラント 入れ歯/ブリッジ
インプラント ブリッジ
メリット
  • 自分の歯のようにしっかり噛める
  • 他の健康な歯への悪影響がない
  • 異物感・違和感がない
  • 見た目が自分の歯と変わらない
  • 長持ちする(10年以上)
  • 取り外し出来て洗いやすい(入れ歯)
  • 比較的、違和感なく噛める(ブリッジ)
  • 保険適応内なので治療費が安い
  • 外科処置がない
デメリット
  • 外科的手術が必要
  • あごの骨が十分でなければ治療不可
  • ※当院では骨量不足の部分に骨造成処置(GBR、サイナスリフト、ソケットリフト等)を行うことでインプラント治療を可能にしています
  • 保険適応外なので治療費が高い
  • 装着の違和感がある(入れ歯)
  • 健康な歯を削る必要がある(ブリッジ)
  • 噛む力が弱い(総入れ歯の場合10~20%)

インプラント手術の流れ

コンピュータ解析による最適な治療

インプラント手術をする前には十分な診査・診断が大切です。当医院では術前にCTレントゲン撮影を行い、コンピュータ解析により最適な方法を導きます。そして、これまでの知識と経験と技術をもって手術を行います。患者さんへのダメージは少なく、歯周病の手術や難しい抜歯よりも痛みは少ないです。手術にかかる時間は、1~2本の埋入手術で平均40~50分程度で、術前の口腔内の消毒や部分麻酔にかかる時間と術後の確認などをすべて含めると1時間30分程度で終了します。

コンピュータ解析
材料と人体への安全性
顎の骨に植立する人工の歯根はチタン製です。金属の中でもアレルギーが起こりにくく、他の医療機関では「頭蓋骨の代用」や「人工関節」などにも使用されていてる実績があるので、人体への安全性は非常に高いといわれています。なお、当医院では現在に至るまでインプラントによるトラブルは一度もありません。
リスクについて
「未成年」「妊娠中」「全身疾患や持病がある」「虫歯や歯周病がある」「あごの骨が薄い・少ない」「骨粗しょう症」といった方は、インプラント治療をするリスクが高いと考えられていますが、まずはご相談ください。
料金について
インプラント治療は自由診療です。埋入するインプラントの本数や骨の質や量、インプラントに連結した歯の種類によって変わります。最初に十分な診査・診断を行い正確な見積もりをお出しいたします。患者さんに納得していただいた上で治療に入りますので、お気軽にご相談ください。

■治療費:インプラント(税別40万円~)/骨造成(GBR、サイナスリフト、ソケットリフト等)(税別7万円~)

治療に関する Q&A

詳細ページはこちら